3Dプリンターを導入すればメリットだらけ

資料を持つ人

安定化の工夫は借りること

コピー機といったOA機器は、節約目的でカットするのではなく、リースを活用する工夫が大切です。時期をスライドさせた契約も工夫となります。月々の支払いが1万円前後で済ませられるリースは、経費の比率調整にノーリスクで活用できます。

3Dプリンター

一般的な導入手順

業務用3dプリンターを効率的に導入するには、動作確認のできているプリンターを購入するのが一番です。ソフトウェアや印刷の準備時間、印刷できる3Dモデルの構造や複雑さなど把握すべきことは多いので、余裕を持って導入しましょう。

期待高まる凄腕機材

3Dプリンター

職人芸を誰でも利用可能

3Dプリンターの技術発達は目まぐるしく、医療・重工業・建築業・飲食業と数多くのジャンルへ進出しています。元々はプラスチックの造形物に利用されるものでしたが、今では様々な金属や食べ物までも材料にできます。この材料の多様性に加えて、値段・精密性・速度とどの点でも優秀なので、3Dプリンターはどんな場でも成果をだしています。一般的な3Dプリンターは積層造形法をとります。コンピューターで作成したデータを設計図として、プラスチックや金属類の材料を層状に重ねてカタチを作ります。この手法は鋳型がいらず、削ったり組み合わせたりといった作業も不要なので、作業効率が非常に良くなります。精密性も優れているため、医療器具のような患者に合わせたオーダーメイド設計も得意です。従来のものづくりはどうしても手間と技術が必要になるため、クリエイターの技術力が求められます。しかし3Dプリンターはデータさえあれば全ての手順を任せられるので、誰だろうと職人顔負けのものづくりができます。3Dプリンターは人件費の軽減にこの上ない働きをもたらすのです。また3Dプリンターによるものづくりは、削ったり穴を開けたりといった作業が不要なので、製造スピードが速く、材料の無駄も抑えられます。構造が複雑な物体であればあるほど、作業省略の意義も高まります。カットするはずだった材料の原料費軽減はもちろん、廃棄物の運搬コストも大幅にカットできるわけです。

男性

初期費用を抑えた機器導入

ビジネスホンの導入方法には購入とリース契約があります。リース契約であれば月額料金での機器導入が可能で、初期費用を削減することができます。また固定資産税が不要となることから、運用費用で節税することもできます。