3Dプリンターを導入すればメリットだらけ

安定化の工夫は借りること

資料を持つ人

月々の支払いで済む安心感

ビジネス用品も安売りが行われるようになりましたが、ひとつひとつ揃える場合、大きな金額となってしまいます。コピー機といったOA機器は、業務になくてはならない存在であり、節約を目的とした導入の断念は望ましくありません。そこで人気となっているのがリース契約で、中小から大企業まで幅広く利用されています。部署が多いほどコピー機の利用台数も増えますので、購入を検討している場合、リースも候補に入れてみるべきでしょう。多くの場合は5年程度の契約であることから、全く同じ時期に複数台を用意するのではなく、リース時期のスライドも工夫のひとつです。これは、5年の中で印刷量の増減が発生する可能性があるため、必要に応じて継続もしくは台数調整がしやすくなります。リースは高価な機器を安く利用する手法となりますが、まとまった出費の発生を防ぐ効果も大きいのです。例えば、50万円のコピー機を2台用意するだけでも100万円の経費が飛ぶことになり、個人経営や中小にとってはリスクとなってしまいます。一方でリースの場合は月々1万円前後が相場ですので、負担額が少なく経営の安定化にもつながることでしょう。また、コピー機そのものは経営状態を左右するものではありませんが、月々の負担額を減らすことにより、さらに重要な経費へと転用できます。経費の比率には優先すべき順番がありますので、コピー機はリースで軽くするのが得策でしょう。コピー機は印刷速度で料金が異なることから、機能によるリース料金の調整も可能です。