3Dプリンターを導入すればメリットだらけ

初期費用を抑えた機器導入

男性

導入方法の選択で節約

新規事務所設立、事務所移転等で必要になるOA機器、電話です。携帯電話が普及した現代においても、ビジネスでは固定電話が必要と言えるでしょう。そして複数いる社員が使うためには専用の電話機、ビジネスホンが必要となります。しかしビジネスホンは高価な機器です。様々機器を揃える必要がある中で、ビジネスホンの費用もなんとか抑えたいところ。そこで役立つのがビジネスホンのリース契約です。リース契約とは、利用者がリース会社からビジネスホンを借りる契約のこと。身近なレンタル契約と似ていますが、リースは長期、通常は5〜7年で組まれます。長期契約が前提であり、中途解約時は全額もしくは違約金を払うことになります。しかし、リースでは、高額な初期導入費用が不要で、月額のリース料だけで機器導入が可能です。またリース料は全額を経費として処理でき、ビジネスホンの固定資産税支払いは不要になります。初期費用面でも、運用費用面でも、資金繰りについて大きなメリットがあるのです。利用者はリース会社に対し使いたいビジネスホンを指定することができ、ほとんどのメーカーの最新機種を自由に選択することもできます。企業などでビジネスホンを導入する場合には、どのような機能が必要となるかをしっかり検討することが大切となります。また、リース会社によっても、サービス内容や費用などに違いがあります。そのため、利用前に複数の会社へ見積もり依頼をしておくとよいでしょう。そして、見積もり結果を比較することで、企業にとって適したところを選ぶことができます。