3Dプリンターを導入すればメリットだらけ

一般的な導入手順

3Dプリンター

導入に必要な準備と手順

業務用の3dプリンターを現場に導入する前に、パソコンのOSやUSB端子や接続端子において互換性があるかどうか確認が必要です。一般的なインクジェットプリンターとは異なり、所定の3Dソフトがないと印刷ができない場合が多いため、まずはソフトウェア環境を整えると素早く導入できます。ただし、業務用3dプリンターの種類によってはプリンターと一緒に専用のソフトウェアが付属することがあるので、購入前に何が必要なのか確認しないと導入までの時間が長くなります。業務用3dプリンターがパソコンなどと接続できるようになったら、専用のドライバをインストールして3dプリンターを動かせるようにします。接続できたらしっかり動作させられるか確かめつつ、樹脂のセッティングや初期位置の設定などを済ませる必要があります。樹脂は熱で溶かしてから積層させることになるので、印刷にはかなりの時間がかかります。特に導入初期にはかかる時間も長くなるのでできるだけ余裕を持って導入しましょう。業務用の3dプリンターの場合は、装置も大きくなるため、電源確保も重要です。消費電力と稼働時間を考慮して電気代がどの程度かかるのかも確かめておかないとコスト計算ができません。接続してしまえば後は実際に動かしていって、どんな3Dモデルならば印刷できるか端末の能力を探っていくだけになりますが、コストについては事前に確認しておかないと赤字になってしまいます。現場にあるコンピュータと3dプリンターとの相性を確認しながらプリンター端末を導入しましょう。